DHA・EPA サプリメント



おすすめ!人気のDHAサプリ



おすすめ!人気のDHAサプリ TOPページ > DHA・EPA基礎知識 > EPAとは

EPAは青魚の油に多く含まれる不飽和脂肪酸

EPAには血液をサラサラにする効果がある

EPA、正式な名称は「エイコサペンタエン酸」と呼ばれる青魚の油に多く含まれている脂肪酸です。

脂肪酸には、牛や豚の脂「飽和脂肪酸」と魚の油「不飽和脂肪酸」の2種類があります。

それぞれの違いは

・飽和脂肪酸
牛や豚の脂の他に、乳製品や木の実などにも多く含まれています。

常温では固体の脂なので体の中で固まりやすく、血液がドロドロの状態になり中性脂肪やコレステロール値上昇の原因にもなります。

生活習慣病などの様々な疾患を引き起こす要因にもなりますので、多量摂取をしないように気を付けたい脂です。

・不飽和脂肪酸
イワシやマグロなどの青魚に多く含まれています。

常温では液体の油で、中性脂肪やコレステロール値を低下をさせて、血液の流れをスムーズに役割があります。

EPAはこの不飽和脂肪酸になります。

その他に、DHA(ドコサヘキサエン酸)やαリノレン酸なども同じです。

DHAとEPAを同時に取る事で有効成分効果が高まる

DHAとセットで聞くことの多いEPA。

健康をサポートしてくれるEPA。お肉を良く食べる人や、不規則な生活をしている人には特に摂取してもらいたい栄養成分です。

DHAとEPAは、血液のめぐりを良くし、生活習慣病が気になる方におすすめの成分になります。

中性脂肪が気になる方におすすめなのがEPAになり、コレステロールが気になっている方にはDHAがおすすめです。

そのため、2つの成分をバランスよく同時に摂取することで身体の健康をしっかりサポートする事ができますよ。

どの年代の人たちにもEPAはとても必要な成分なのですが、現実には不足している状態です。

極端にEPAが不足していると、体に様々な問題を招いたり、生活習慣病のリスクを引き起こす要因にもなります。

どうしても、食事でEPAを十分に摂取することが難しいのならサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。

口コミで人気のDHA・EPAサプリメント