DHA・EPA 副作用



おすすめ!人気のDHAサプリ



おすすめ!人気のDHAサプリ TOPページ > DHA・EPA基礎知識 > EPAに副作用はあるの?

1日のEPAの摂取量を超えてしまうと副作用が起こる可能性もある

EPAサプリを利用する場合は食生活とのバランスを考える

EPAは、日本の食卓で古くから食べられているサバやサンマなどに多く含まれ、たくさん食べても副作用はないとされています。

魚料理を食べることが少なくなってきているので、積極的に食べてほしい食材でもあります。

ただし、EPAがたっぷりと含まれている青魚料理と一緒に、EPAのサプリメントを摂る場合は1日に必要な摂取量3gを超えると副作用が起こることがあります。

副作用として

・げっぷ
・吐き気
・鼻血
・軟便

などがあります。

また1日3g以上の摂取を長期的に続けることによって、出血した時の血液が固まりにくくなる場合もあります。

EPAは血液の流れをスムーズしてくれる成分です。

生活習慣病が気になる方にとってはEPAは大きな存在になるのでEPAの摂取は適量を守るという事が大切です。

そして、EPAのサプリメントを利用する場合は食生活とのバランスと合わせて1日の合計摂取量を守り、過剰摂取にならないように気を付けましょう。

EPAサプリメントはDHAサプリメントと同様に、他の薬やサプリメントと飲み合わせても問題はないと言われています。

ただし、ワーファリンという血液が固まるのを防ぐ薬を治療などで服用している方は注意が必要です。

ワーファリンを服用している時にEPAサプリメントを使用する場合は、担当の医師に必ず相談するようにしましょうね!

また、EPAは血圧を下げることがあるそうなので、血圧降下剤を服用中の方も医師への相談が必要です。

EPAのメリットとデメリット

ここでメリットとデメリットをまとめておきたいと思います。

【EPAのメリット】
・花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の緩和
・美肌
・生活習慣病
・生理痛の緩和
・ダイエットのサポート

【EPAのデメリット】
・魚が苦手な方には摂取しにくい
・酸化しやすい
・魚の油部分に多く含まれているので、食べ過ぎるとカロリーの摂りすぎに繋がる
・大型の魚には水銀が蓄積されている時があるので注意!

EPAやDHAは性質上、酸化しやすいので摂取時には酸化を防止してくれるビタミンEやセサミンと一緒に摂るようにしましょう。

食品では、ビタミンEが含まれている大根の葉や西洋かぼちゃ、セサミンが含まれているゴマなどがあります。

EPAをサプリメントで摂取する時には、含まれている成分を確認しましょう。

酸化防止の役割がある、ビタミンEやセサミンが配合されていると変質しにくくEPAの力を最大限発揮してくれるでしょう。