血液の流れ 入浴方法



おすすめ!人気のDHAサプリ



おすすめ!人気のDHAサプリ TOPページ > 血液の流れをスムーズにする方法 > 入浴方法で変わる体内の血のめぐり

身体を温める事で血管が広がり血行が良くなる

疲れや、肩こりなどの穏和も期待できる

夏場の暑い時や、仕事で疲れて帰ってきた時などシャワーで簡単に済ましてしまうという事はありませんか?

そのような時こそ、ゆっくりと湯船に浸かることをオススメします。

ゆっくり入浴する事でリラックスや血行促進を期待できます。

温泉などに行くと、とても心身ともにリラックスできませんか?

お風呂に入ることにより、心身の緊張が自律神経の副交感神経活動が優位になるのでリラックスができます。

また、身体が温められることにより血管が広がり血行が良くなります。

血流が良くなることにより、身体に溜まっていた老廃物などが汗によって体外に出されたり、疲労物質なども除去されることにより疲れや、肩こりなどを穏和する事ができるんですね。

また入浴は、軽い運動を行った時と同じような働き得ることが出来るとも言われていますので、睡眠のサポートもしてくれます。

心臓に負担をかけない半身浴がおすすめ!

身体に良いとされるお湯の温度は、38℃~40℃のぬるめのお湯に胸より下の下半身、つまり半身浴で15分~20分程度入ることです。

首までつかってしまうと、水圧により心臓に負担がかかってしまうので、負担をかけない半身浴が良いとされています。

また、熱いお湯は汗などにより体内水分が減少したり、血小板の活性化により血液に粘りが増してしまったりします。

他に、急激な温度の変化により血管の収縮が起きるので血圧が上昇してしまうという事になってしまいます。

特に、冬場の脱衣場と浴室内の温度変化は要注意です。

すでに、動脈硬化の疑いのある方などは、血栓ができて詰まりやすい状態であり血液がドロドロ状態の悪化を招きますので、絶対に高温のお風呂は避けましょう。

そして、入浴後は汗で出た水分により血液の粘り性が増していますので、水分補給は忘れずにしましょう。