DHAサプリ 生活習慣病



おすすめ!人気のDHAサプリ



おすすめ!人気のDHAサプリ TOPページ > 生活習慣病 > 生活習慣病とは

生活習慣病大国と言われている日本

命に関わる病気を発症してしまう

生活習慣病大国、と言われるようになってきている日本。

以前は、成人病と呼ばれていた病気でありますが、発病の原因とされるものが日常の様々な部分に関わってきているため呼び名が生活習慣病と呼ばれるようになりました。

成人病というのが、中高年になってかかる病気というイメージがありましたが、生活習慣病と呼び名を変えて若いうちから健康的な生活を心がけ病気予防すべきものという意味合いが含まれています。

・食習慣
・運動習慣
・休養
・喫煙
・飲酒

などの日常の偏った食生活や運動不足など、生活習慣の積み重ねが引き金となり、高血圧、糖尿病、脂質異常症など3大疾患と言われています。

また、このほかの生活習慣病と言われているのが

・心筋梗塞
・狭心症
・脳梗塞
・脳出血
・がん
・腎臓病
・肝臓病
・骨粗鬆症
・歯周病

なども、生活習慣病とされており、その中で最も多くの人が命を落とす病気が、がん・心臓病・脳卒中と言われており、現在の日本人の死因の6割を占めていることから、三大死因ともされています。

生活習慣病を予防するには

生活習慣病は、主に自覚症状がないままに進行して、何十年後に病状が表れるのが特徴とされており、30代~40代に急増しますが、近年は発症年齢が低下傾向にあり、20代や子供にまでも及んできています。

私たちの生活が豊かになるにつれ、生活習慣病にかかるリスクは高くなります。

例えば、交通手段が発達し階段よりもエスカレーターを利用する人が多かったり、食事も手軽にファーストフードなどで済ませたり、他には、外で遊ぶよりも家で友達とゲームをしたりという生活を重ねていくことにより、肥満や運動不足そして、偏った食生活へとなっていきます。

そのような生活を続けると先々、生活習慣病になるリスクが高くなるということになります。

また、家庭での食生活もハンバーグやスパゲッティなど、子供中心のメニューばかりにすると生活習慣病の低年齢化につながるとされています。

ですので、家での食事は和食を中心にしたり、通勤に自転車を使ったりと日頃できることを少しずつ改善していく事は、生活習慣病を予防するにあたり大切な事でもあります。